プログレスANについて

特殊製品の雪試験報告

特殊製品の雪試験報告

数週間に渡って某鉄道施設向けの特殊網戸付きAM-W55の雪試験を行いました。
疑似雪の試験は何度か行ったことはありますが、人工降雪機を使用した試験は初めてでした。
以前冬季の設置試験で外部網戸付きが一番目詰まりしやすいのを観測しておりましたので、今回は内部網戸付きと網戸なしで雪質や風速を変えて観測を行い有意義な試験となりました。

-傾向-
湿度の高い雪・・・室内侵入量は少ないですが開口部を塞ぐ可能性が高い。
湿度の低い雪・・・開口部は塞がりにくいが室内侵入量が多い。
(MTS雪氷研究所 低温試験室)