プログレスANについて

防火ダンパー開発状況報告

開口率70%のFD実用化を目指していましたが、熱変形試験と遮炎確認試験を行ったところ熱変形が予想以上に大きくなった為、羽根材の形状を変更する必要が生じました。

そのため羽根材の曲げ数を増やした開口率60%のFD開発に変更する事が決定しました。
図面は完了していますが、再度確認試験を申請していますので暫しお待ちください。